日本一の匠と逸品を知りたいみんなのためのコミュニティサイト 匠ウォンテッド

CaBas N°59-plus Micro Shoulder small

出典元:https://cabas.shop/items/5af2a164434c7255d20000f6

♥1

匠名/作者名:CaBas

CaBas(キャバ)の小さなショルダーバッグ。

このバッグはフレンチテイストのデザインで、シンプルで素っ気なくて、素朴な雰囲気でありながらも洒落ている…すっごくかわいいです。

バッグの素材は皮革(牛革)と、なにやら特徴的な織り目の布地。使われているのはきれいな織り目のアイボリーホワイトの布地なのですが…

…じつはこれ、日本の武道で着用されている武道衣(道着)の素材の布なんだとか!!?

道場で着用されている剣道・柔道・空手・合気道・居合の道着は、たしかにこんな布でできてますよね!

布の正体は「刺し子織り」という布地。日本に古くからある織物なのだそうです。

このバッグを製造したのは、愛知県の三河にある、「株式会社タネイ」です。

タネイは90年もの長い歴史がある、「刺し子織り武道衣」の会社なのだそうです。つまり、本来は道場稽古のときに着るような、武道用道着を主に作っているメーカーさんです。

刺し子織りは、もともとは手工業でしか作れない織物だったそうですが、タネイが織り機を開発して、安定的にたくさんの刺し子織りを生産できるようにしたのだそうです。

そして、そのタネイさんが「刺し子織り」を利用して製造する自社バッグブランドがこのCaBasだそうで、フランス人デザイナーさんが、デザインを担当しているのだとか。

どうりで、武道稽古のための道着からは、連想できないほどのオシャレさですよね!道着と同じ素材からできてる、なんて聞いたらびっくりです。

日本古来からある刺し子織りは、耐久性、耐火性、保温性、吸湿性にすぐれていて、とっても丈夫な便利な布なんだそうです。

軽くて使いやすそうなショルダーバッグで、ひとつ持っていたらいろんな場面で重宝しそうな、かわいい逸品です。欲しい!

Satokoさんが2021/04/27に登録

情報や質問や感想などコメントを残そう!

逸品を投稿する