日本一の匠と逸品を知りたいみんなのためのコミュニティサイト 匠ウォンテッド

1 晴雨兼用傘  正倉院裂(しょうそういんぎれ)

出典元:https://item.rakuten.co.jp/komiyakasa/10000064/?fbclid=IwAR3ofvFGdc2-DEK5flpMpU45z5s-EG1vLsE5akXgemEqhtvQWmzmyQ3BxPw

♥3

匠名/作者名:小宮商店

日傘にも雨傘にもなる晴雨兼用傘。

歴史を感じさせるオリエンタル調の美しい柄で、和装にも似合いそうな高級感ある雰囲気が素敵です!

京都の先染め技法の織物・西陣織で、東大寺の正倉院に現存する日本最古の文様を再現しているということです。

織物の素材は綿素材。

ゴージャスな、いにしえの文様を西陣織で傘に仕立てる、とは、なんともぜいたくな傘ですよね。

小宮商店の傘づくりは、ほぼすべてが手仕事で行われるのだそうです。

職人の手加減一つで傘の仕上がりの良し悪しが左右されてしまうという、奥深い仕事なのだとか。

傘の布の裁断から10工程以上を熟練の傘職人が手掛けて作るといいます。

仕上げには「小宮商店のアンブレラマスター」の厳しいチェックが課されて、ようやく1本の傘が完成するのだそうです。

Satokoさんが2020/07/30に登録

情報や質問や感想などコメントを残そう!

逸品を投稿する