日本一の匠と逸品を知りたいみんなのためのコミュニティサイト 匠ウォンテッド

BRASS クリンチ エンジニアブーツ

出典元:https://www.brass-tokyo.co.jp/onlineshop/item/clinch-engineer-boots/

♥1

匠名/作者名:靴職人 松浦 稔

BRASS クリンチ エンジニアブーツ。

しっかりとしていて、類まれな美しいブーツです。きっちりとした縫製も革の鈍いツヤも、計算されつくしたようなシルエットも本当にキレイ。

BRASSは、日本では数少ない、本当に高い技術力を持つ優れた靴工房。

履き込むほど、自分にしっくり馴染み、味わいが出てくる。何年も愛着をもって履き続けることができる。リペアする価値のある一生もの。
そんな夢のような逸品を作りあげる工房なのです。

BRASSはオリジナルブランドの「クリンチ」で靴を製作しているだけではなくて、靴の修理も取り扱います。

「他社製品のボロボロの状態の靴」であっても修理は断らない、という、職人魂あふれる気骨ある方針に基づいたリペアです。(海外ブランドであっても大丈夫なのだとか。)

BRASSのオーナーであり靴職人である松浦 稔さんは、大学は理工学部出身の変わり種。

企業に勤めながら靴修理店で修行し、日本のビスポークシューズの専門家に学び、技術を身に着けたといいます。

BRASSは、木型を削り出して作る「ハンドソーンウェルテッド製法」で全工程を自社で行って靴を生産しています。

その終始一貫した高度な職人技術がなければ不可能な修理メニューもあるそうで(木型を変えるリラスト修理など)、
まさに匠の技を目の当たりにできる…という修理技術です。

その技術の虜となって、BRASSに通い詰めるほどのマニアックなファンもいるのだとか…!

世の中の多くの靴修理店やリペア専門店は、「こんなボロボロのものはうちでは取り扱えない」と、修理する靴を、まずふるいにかけますよね。
靴を持ち込んだり相談をもちかけても、それで断られてしまうこともよくあります。

「お金に糸目はつけないくらい愛着ある靴だけど、どこの修理屋さんに持っていけば分からないくらい、難しそうな靴修理…」

そんなときは、この松浦さんのBRASSに持っていけばいいんだ!となんだか希望が持てます。

「こんなボロい靴は修理できない」という、よくある靴修理店とは違い、靴職人である松浦さんの確かな自信が、「どんな靴も断らない」という信念を実現させています。

もちろん、クリンチのエンジニアブーツは、履けば履くほど自分だけのフィット感を楽しめる「一生もの」。

ほかのどんな靴とも違う、自分だけの逸品に育て上げる価値のあるブーツなのです。

  • https://www.brass-tokyo.co.jp/onlineshop/item/clinch-engineer-boots/
  • 靴職人 松浦 稔

Satokoさんが2020/09/28に登録

情報や質問や感想などコメントを残そう!

逸品を投稿する