日本一の匠と逸品を知りたいみんなのためのコミュニティサイト 匠ウォンテッド

出典元:https://packman2.com/

吉増 ケンゾウ

吉増 ケンゾウの紹介

オイルドコートは「洗濯表示はすべて×」で、洗ったりお湯で拭いても防水オイルがとれてしまうため、通常は洗うことができません。

色や風合いが、どの程度どの様に変化する可能性があるか、また、独特の匂いやべたべたした表面のオイルを抜きたいなど、クリーニングでどの程度対応できるのかは気になるところだと思います。
また、オイルドコート独特の“しっとり感”を出すには、クリーニング後のリプルーフ(オイル再加工)が欠かせません。

吉増 ケンゾウさんは、技術と時間を要する、リプルーフ工程を得意とする熟練の職人さんです。

  • : https://packman2.com/
  • : オイルドコートは、ドライクリーニングも出来ないとされているため、クリーニング店に持って行っても断られることがほとんどですので、貴重なクリーニング店だと思います。

おすすめコメント

オイルドコートは、ドライクリーニングも出来ないとされているため、クリーニング店に持って行っても断られることがほとんどですので、貴重なクリーニング店だと思います。

天津飯さんが2019/10/30に登録

情報や質問や感想などコメントを残そう!

匠を投稿する